2004.10.01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

MHI 5.0

この「にっき」には暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています。

(2004.10.01)

$ ThinkPad セットアップ続き

ターミナルエミューレータ ck のオプションに -md sjis が抜けていた。 これで「実」とか一部の漢字の文字化けも解消した。 w3m もソースからコンパイルだ。

ALTIME と SKKIME のセットアップは完了した。 しかし、ThinkPad では ESC の位置が遠すぎるな。F1 の彼方だ。 すごい速度だぜ(分かるか?)。

まぁ、よくよく考えると、半角/全角ボタンは普通の IME の時にしか利用しないので、 不要だ! ESC 扱いにしてしまえ!

完璧すぎる

少なくとも、当部門では、このマシンを普通に使える奴は、これでいない。 あとは、Office とか Notes とか Oracle Client とか Ultima Online とかだが、 これらの導入は CD-ROM ドライブがある時にするか。

あえて、NYACUS とかを入れていないところに、 わたしの堕落っぷりの片鱗が伺える。 もう、メンテしないつもりなのか? こいつは?

$ UNDO 表領域が壊れた

開発環境の DB の UNDO 表領域が壊れた。 何とか直したので、今後のために、メモ。

1. 新規に、別の UNDO 表領域を作成する.

    create undo tablespace undo02 DATAFILE
    '/oradata/sckamedb/oradata05/df/undo02_01.dbf'
    size 256M reuse
    AUTOEXTEND ON NEXT 5120K MAXSIZE UNLIMITED ;

2. UNDO 表領域を変更する。

  • 現行UNDO表領域
alter system set undo_tablespace=undo02 ;
  • 再起動時UNDO表領域
初期パラメータファイルに undo_tablespace=undo02 ;

3. データベースを再起動する。(しなくていいかもしれんけど)

4. 壊れた UNDO 表領域を offline にする。

    alter tablespace undo01 offline ;

5. 壊れた UNDO 表領域を削除する。

    drop tablespace undo01 ;

6. 物理的にデータファイルを削除しておく

    rm /oradata/sckamedb/oradata05/df/undo01_01.dbf

うっかりと、データファイルを offline にしてしまうと、 表領域を offline できず、またデータファイル自体も online にできない。 次のように online 化する。

1. メディアリカバリを実施

    recover automatic datafile
    '/oradata/sckamedb/oradata05/df/undo01_01.dbf';

2. オンライン化する

    alter database datafile
    '/oradata/sckamedb/oradata05/df/undo01_02.dbf'
    online ;

- 【参考文献】

  • Oracle9i バックアップ および リカバリ概要 リリース2(9.2) p.3-11
  • Oracle9i データベース管理者ガイド リリース2(9.2) p.11-22
.net(3) C++(3) Cygwin(12) GAME(3) Groovy(1) Linux(2) Lua(39) Mercurial(13) NYAOS(92) OS/2(7) Oracle(3) Perl(4) Python(22) SKK(4) Windows8(1) album(68) ckw(10) coLinux(1) vim(6) wifky(27) 書評(21) (9)

zetamattaのたいじゅー