2005.02.01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

MHI 5.0

この「にっき」には暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています。

(2005.02.02)

$ 同時多発サーバ障害

外れのサーバをひいたエンジニアは不幸だ。

しかも、それが基幹系だったりすると、もう救いようがない。

$ あれは、2月1日のことじゃった

朝8:30 から昼まで工場内にて40台弱ほど端末をセットアップ。 ヘトヘト状態で帰途についたが、途中、電車中で、 サーバが「二台も」同時にダウンしたのを携帯メールでキャッチ。

途中下車駅にて、対応していたのはよいものの、 一台のクラスター構成を復旧させたところで、 ノートPCのバッテリ不足でやむなく断念。

仕方なく、電車で本社へ向っていると、上司から電話があった。 しゃーなしに相手してたら、エー格好しいの変なオッサンにからまれ、 マナーについて、くどくど偉そうなゴタクを聞かされる。 普段、人一倍、マナーには気を付けているのに、 何が悲しゅうて、こういう危機の時に説教されんといかんのだ。 こういうオッサンは、ヤンキーの兄ちゃんとかには絶対何も言わんぞ、きっと。

下車時に蹴りを入れてやればよかった(←負け犬の遠吠え)

ようやく到着して、復旧作業を再会したものの、 障害起こしたサーバは2台だけじゃなくて、3台目もあった罠 (後から聞くと、クリティカルでないものも含めると、 実は6台も障害を起こしていた模様)。 原因は、当初、サーバルーム全体の電圧降下かと思われたが、 お隣の他所の SIer のサーバは何も起こっていないという。 なんじゃそりゃ。

サーバメーカーのサポートにログファイルを送ろうとするも、 メーカーの ftp サイトの仕様と、うちの会社の Firewall が モーレツに抵抗して、なかなか put できず、イライライライラ (結局、あきらめて、メールで勘弁いただいた)

結局、退社したのは 26:30。また家に帰り損なってしまったよ。

今の俺にしょうもないツッコミをした奴は100万回殺す!

$ それで本日になったわけですが

夕方になってから、一応、報告は来た。内容は予想の範疇。 ネットワーク障害のようだが、 そんなの、わしだって待っている間に読んだログで想像ついてたよ。 しかも、追伸が余計だ。

『現象発生時期からの経過時間が大きいほど、現象発生時の情報が喪失する 可能性が高くなりますのでご注意ください』

お前らに言われたないわーーー

しかも、このログも送って欲しかったとか、今頃、ぐだぐだぐだぐだぐだ。

そんなことは早く言えーーー

以前、ログをたくさん送って文句を言われたから、 全てを手元で確保した上で、最初は必要最小限だけ送り、 後から追加で必要なファイルの送付の要請をまってたんじゃねーか。 足りなければ、なぜ確認をしない!ったくもー。

という主旨の抗議を、スーパーオブラートで梱包した上で送りつけてやりました、 「Cc: いろんな皆様」付きで。 ほんと、丁寧なのは上辺だけですね、某青いメーカー様は。

Dr.H 外れの化学プロセスの担当を引き継いだエンジニアも悲惨だ。 しかも、それが製品の系統だったりすると、もうガクガクガクプルプルプルするしかない。 (2005/02/02 20:42:01)

Dr.H すまそ (2005/02/03 00:34:50)

(2005.01.31) | (2005.02.04)

.net(3) C++(3) Cygwin(12) GAME(3) Groovy(1) Linux(2) Lua(39) Mercurial(13) NYAOS(92) OS/2(7) Oracle(3) Perl(4) Python(22) SKK(4) Windows8(1) album(68) ckw(10) coLinux(1) vim(6) wifky(27) 書評(21) (9)

zetamattaのたいじゅー