2006.05.01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

MHI 5.0

この「にっき」には暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています。

(2006.05.02)

$ 大型連休は全員集合

連休で、東北の友人が関西に帰ってきたので、5/1、 大学の怪しい友人達[ "F" , "Y" , Dr.H , わたし ]、総勢4名、梅田に集合。 飯喰って、近況を語りあったり、映画見たり、 電気屋や怪しい本屋をうろついたりしたわけですが… みんな相変らず独りもんばかりで、困ったもんです。

映画については「星の鼓動は愛」は既に一万年前に終了していたので、 無難に「ナルニア国物語」【無難か?】。

感想:「普通…かな」【普通って言うな】

一番の感動ポイントは、字幕が定評のある戸田奈津子氏ではなかったことです。

$ [wifky] 「はてブ」インクルードプラグイン

If-Modified-Since リクエストヘッダを付けるようにし、 304 (Not Modified)が帰ってきた場合は、 キャッシュからしか使わないようにしたところ、 まぁまぁ、実用的な速度になってきました。 それ故、1時間に1回のみの更新という制約を外してみました【怒られるかな?】。 この辺、http の定跡なんでしょうが、素人の手探りなんで、なかなか。

あと、XML のパース部分を結局自前にしてしまったという…。 いやね、XML::Parser で利用できている部分があまりに単機能であるのと、 (処理時間節約の為の)途中の解析打ち切りとかが出来ないもんで。

こうやって何でもかんでも自前で揃えると、別途必要なライブラリが減って、 インストール可能環境が増える一方、ソースの一般性が下がってしまうのが難ですが。

$ 「邪推」好きなワタシは…

偉い人が立派な事を言っても、ついつい「邪推」してしまいます。

ぶちょーが「皆さんに宿題出します」とか言ったら、
「連休中、体良く、無賃金で提案書書かせて、 あわよくばコンペに実際に出すつもりだろ!一石二鳥だな!」とか思ったり
ウォルト=ディズニーが「子供たちをトラブルから遠ざける方法は、 何かに興味を持たせることだ」とか言ったら
「そりゃ、あんた、その方が儲かるしな!」とか思ったり
人が、わたしに都合がいいことを言い出すと、
「この人は、そんなことをして、何がおいしいんだろう。 何か企んでんじゃネーノ」とか思ったり

してしまいます。こんな難儀な私を誰か助けてください【救いようがありません】

でも、そんな黒いドロドロとした感情と、人を信じたい気持ちが、 心の中で葛藤することにより、ヒュンケルのような超人的な(以下省略)

$ 一度に大量のやるべきことに直面した時の対策

(まなめはうすより)

迷いが少ない部分から、こなしてゆくというのは正解ですね。 それと「優先順位の高いものからこなしてゆく」というのが大原則ですが、 わたしが師匠(上司)から学んだ方法論として、 下記のようなものもあります。

  • 他人に動いてもらわなくてはいけないものは最優先する。

他人の作業時間を確保するという意味があります。 もっとも「他人に動いてもらう」という時点で優先順位は高いわけですが。

  • すぐ終わりそうなものは――少々優先順位が低くても――先に着手して、すぐ終わらせてしまう。

これは自分の混乱度を下げるという意味があります。 「本当に」すぐ終わってしまうものであれば、 さっさと片付けて、全体の量を減らしてから、 落ちついて重要な課題にとりくみましょう。

あと、個人的には「とりあえず、てんぱって見せる」というのも効果大だと思っています。そうすると、まわりが気を利かせて、雑用をまわさないようにしてくれるのです【まわりにオンブにダッコで9年目】

$ モノで溢れかえり、混沌とした自室に

鋼の救世主が!*1 収集をつけるべく、古い漫画を処分してゆくことにした。

雑誌ならば、まぁ捨てていいかなという気もするんだが、 単行本となると、紙質もいいし、捨てるのは抵抗がある。 ということで、この問題のソリューションとしては、 安く買い叩かれても構わないので、古本として売るのが「最適」であろう。 これにより「環境にやさしいことをしている」という錯覚を堪能でき、 企業に躍らされる正しい消費者を演じられるというものだ、くっくっく 【何か嫌なことでもあったのか?】

幸い、最近、近所に最近 GEO(ゲオ) という、 DVD レンタルから古本の販売までやってる店舗が開店したんで、 足元に転がっている単行本5冊ほどを持ち込んでみた。 【中途半端な冊数だな/いや、もしやってなかったら荷物になるし】。

「隣に新品を売っている書店があるので、万引品を持ち込んでるんちゃうかと思われないか」 という小心者のありがちな心配を他所に、出た店員の査定は、原価 1000円弱 の本が 50円ほど。 まぁ、そんなもんかなと。以前なら「安過ぎ」と思ったところだが、今日では十分すぎる額である。 それだけ、場所不足は深刻なのである。もうね、難民が出そうな勢い【大袈裟な】

ただ、5冊程度では、名前書いたり、身分証明見せる手間の方が面倒なので、 やっぱり 10冊単位で持ち込むべきだね。

で、もらったお金は、早々に DVD レンタル代として、お店に環流されましたとさ。 ふむ、いい商売ですな > 先生

*1FLASH注意

.net(3) C++(3) Cygwin(12) GAME(3) Groovy(1) Linux(2) Lua(39) Mercurial(13) NYAOS(92) OS/2(7) Oracle(3) Perl(4) Python(22) SKK(4) Windows8(1) album(68) ckw(10) coLinux(1) vim(6) wifky(27) 書評(21) (9)

zetamattaのたいじゅー