2007.03.01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

MHI 5.0

この「にっき」には暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています。

(2007.03.02)

  • しばらく、カフェイン絶ちしてたんだが、あんまり調子が悪いので、 ついコーラを飲んでみたら、妙にラリっちゃって、 後輩の質問メールに対する返事で、つい:
    以上、百万円、よろしくお願い致します
    と書いてしまったよ。
  • 何京冊も書籍が集ったら、きっと自重で崩壊起こして、 全ての書籍を飲み込むという、Book Hole を形成するに違いない。
    • 「つまり、Book Off とは Book Hole が訛ったものだったんだよ!!!」
    • 「なんだってーーー」ΩΩΩ
  • 「ばふ〜ん」しても、RSS リーダーにはしっかりと残る罠

$ howm.vim ウルトラ快適

正直、ローカル wifky、もう要らんかも(こら)

ただ、気になるのは将来のパフォーマンス。 全文検索エンジンを使わず、grep 一本でやっている以上、 文書量が増えてくると、やがて使いもんにならなくならないか心配である。

ということで、不要になったメモは適宜削除するようにしよう。 そのためのオプションをメモ:

let g:howm_removeEmpty = 1

これをセットしておくと、ページを空にすると、ページが削除されるらしい。


そういえば、当初、エクスプローラーから、 テキストファイルをダブルクリックして vim を起動すると、 起動はするが、妙なエラーダイアログが出てしまっていた (起動後は害はないけれども)

gvimのエラー.jpg

である日、再度「登録し直してみる」と (なんだか、jvim への関連付けに戻っていた)、 出なくなってしまっていた。何でだろう。

環境変数かとも思ったが、直った環境で VIM , VIMRUNTIME 等を削除しても、 エラーが再現しなかったことから、ちょっと違うようだ。 gvim.exe の古いバージョンが PATH の別のところに落ちてたのがいけなかったのかな。

$ Z―動悸を超えて

1年戦争後の世界において、何故シャアがクワトロ=バジーナと名を変え、 一介のMSパイロットに甘んじたか

わたしは、その真の理由を突如理解した

マネージメントとか、調整事、したくなかったんじゃね?

.net(3) C++(3) Cygwin(12) GAME(3) Groovy(1) Linux(2) Lua(39) Mercurial(13) NYAOS(92) OS/2(7) Oracle(3) Perl(4) Python(22) SKK(4) Windows8(1) album(68) ckw(10) coLinux(1) vim(6) wifky(27) 書評(21) (9)

zetamattaのたいじゅー