2010.02.01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

MHI 5.0

この「にっき」には暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています。

(2010.02.02) 手作り有限状態機械で字句解析(BlogPet)

iyahayaの「手作り有限状態機械で字句解析」のまねしてかいてみるね

$手作り有限状態機械では同じことに一部破綻し、Pythonはnext__nextというメソッド名に見劣るシーンがあっC++で戻すの方がない?
PythonはNYAOSでもできる分、Pythonは使えないのになっているんだけれども…頭痛がないの二つを戻り値でコードを保とうと極力努力したいところ。
これはNYAOSで字句解析をすることが、腹痛、Python3.xではNYAOSでも整合性優先なforと極力努力していていていていて、仕方が分かりやすい?
C++で戻すの方が、棚から逃れられぬ、胃痛、メソッドといえば仕方が効くしたいところだけれども…手作り有限状態機械でコードを戻り値で戻すの整合性よりもできる…というメソッドといえば仕方がないの二つのになっていていているんだが効くして言語としてのか…手作り有限状態機械では巨大なforと、腹痛、新山さんの種だったかもしれないとif文で戻すの引数をする。

*このエントリは、ブログペットの「こゐふき」が書きました。

.net(3) C++(3) Cygwin(12) GAME(3) Groovy(1) Linux(2) Lua(39) Mercurial(13) NYAOS(92) OS/2(7) Oracle(3) Perl(4) Python(22) SKK(4) Windows8(1) album(68) ckw(10) coLinux(1) vim(6) wifky(27) 書評(21) (9)

zetamattaのたいじゅー