2011.04.01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

MHI 5.0

この「にっき」には暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています。

(2011.04.03)

$ 自分語りをしてみたくなった

昨日・今日と、この二日間、昼間から晩まで、ほとんど眠っていた。 といっても、完全に24時間意識を失なっていたわけではなく、 5,6時間おきに目が覚めて、うがいをして、ちょっとモノを口に入れて、 また寝るみたいなことを繰り返していたみたいな感じである。

精神的に疲れているのだろうか。 よく鬱の人の治療では、何もしなかったり眠るのが一番というが、 未だ完全に治りきっていないせいなのだろうか。

この「にっき」を読んでくださっている方は御存知かと思うが、 わたしは2009年7月に、大阪から東京へ転勤してきた。 大阪では、ずっと時代遅れのクライアント=サーバーシステムばかり触っていたため、 新しい技術にちょっとでも触れてみたかったというのが異動に承諾した理由である。

が、実際は全く予想だもしなかった仕事が待ち構えていた。

時代遅れになっている自社の社内システムのあるべき姿をアセスメントして描くという、 いわゆる「企画」のお仕事だったのだった。 しかも、場所は「本部系」。置き換えるべきシステムとして、どういうものがあるかも 分からなければ、それを聞くべき人が誰かもよく分からない。 その上、わたしは「人の顔と名前を覚えるのがとても苦手」という難儀な弱点があった。 正直、これはもう辛かった。

その仕事も、幸い、チームリーダー他のメンバーの活躍があり、何とか無事に終わり、 その後、企画した社内システムの一つの構築というお仕事を続けて行うことになった。 が、これもしんどいお仕事だった。 あまりつらつら書くとキリがないが、結局、自分がいかにモノを知らないか、 思い知らされることになる。経験不足だからってのが言い訳になるか、微妙だ。 (入社13年目ですぜ)

そんな生活に、やがて、僕は「動けなくなる」。(2010年2月頃)

動悸で辛くて、蒲団の中で丸くなっていたので、倒れたわけじゃない。 出席しなければいけない打合せや約束があったにも関わらず、 二日会社を休んでしまう。

「もう自分は会社に行けないかもしれない」そう twitter でつぶやいた。

そしたら、会社の人達がいっせいに励ましてくれた。 「しばらく休んだ方がいい」、「心療内科に行った方がいい」、 ついには部長まで「主治医のところへ行って休むか相談するように」 と tweet してくださった。 (部長が twitter をやっているというところがすごいところではあるが)

そうやって、週一の心療内科通いが始まった。 休職とかはせず、二週間程度だけ有給をとらせてもらい、 チームだけ、別のプロジェクトに変わった。 (これは休職すると、経歴に残るからという温情があったと思いたい)

だいぶと楽になったような気がした。 半年後、部署も「情報システム部」から「先端技術センター」という、 ギークっぽいところに変わった。

が、自分は、あいかわらずイケてない。

だが、周辺の人のレベルは高い。 自分より若くて優秀なのはデフォルトって感じだ。 自宅にサーバ置いて、休日も何かしている人もいっぱいいる。 みんなリア充だぜ、ひゃっはーw

だが、自分は、何かしんどくて、そこまでやろうという気力が出ない。 ノートPCで、手軽に出来ることしか出来ない。 越えられそうだと分かるハードルしか越えようという気しか起きない。 生きるのが精一杯? いや、そういうと本当に精一杯の人に怒られるか。でも、そんな感じ。

大阪時代は毎日のように「にっき」を更新していたが、 今は月に2,3回がいいところ。 twitter をやったせいというのもあると思うけど、 いったいどうしたんだろうね。

正直、未だ東京にはアウェイ感がある。 自分がずっと腰を落ち付けてられる場所という感じがしない。 何かずっと出張でも行っている気分が続いているような気がする。 (かと言って、帰省してホーム感があるかというと、 帰ると体調を崩しがちなこともあって、今一なのではあるが)

毎週の心療内科通いは、未だ続いている。

お医者さんとは、会社での身辺の話を 4,5分話して、 薬を処方してもらうってことをずっと繰り返している。 薬の量は、ここ最近はあまり変わっていない。 身辺の状況が落ちついたタイミングで薬を減らさせようと、 見計らっているように見える。 でも、四半期に一度発表があるんで、それで気持ちが動揺するんだよねぇ(汗

自分はいったいどこへゆくのだろうか。 ずっとそんなことを考えている。

future 気になるなら自分でもサーバー置いてみると良い気晴らしになるかも。
凝ったことせずただ立ち上げるだけでも、かなり楽しめると思いますよ。 (2011/04/04 17:11:54)

「た」 まぁ、いまさら家にサーバー置くとか流行んないかも知れないので、クラウドで楽しいことするっていうのはどうだ。Amazon Could / Google App Engine / Windows Azure とかいろいろあるし。 (2011/04/07 03:07:54)

はやま みなさん、ありがとうございます。そうですね、まぁ、あんまり出費は気にせず、サーバ遊びをするのがいいかもしれませんね (2011/04/07 21:33:32)

(2011.03.27) | (2011.04.10)

.net(3) C++(3) Cygwin(12) GAME(3) Groovy(1) Linux(2) Lua(39) Mercurial(13) NYAOS(92) OS/2(7) Oracle(3) Perl(4) Python(22) SKK(4) Windows8(1) album(68) ckw(10) coLinux(1) vim(6) wifky(27) 書評(21) (9)

zetamattaのたいじゅー