2011.05.01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

MHI 5.0

この「にっき」には暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています。

(2011.05.03)

$ 梅田で同窓会

関東圏に行ってるワタシともう一人が関西圏に帰ってきたので、 例によって、いつもの面々(4名)でまた会いましょうというわけです、はい。

梅田のヨドバシカメラをウロウロしてから、その後、皆で ガリバー旅行記を見てきました。 現代版ガリバーという感じで、バミューダトライアングルから、 小人の王国へ舞い込むという設定です。 最後は戦争やめて、みんなで躍るという、なんだか、とってもミュージカル。 お子様のいらっしゃるご家庭にお勧め。


JR大阪駅では、大阪駅開発プロジェクトとやらが動いているらしく、どうやら、翌日の5月4日に Osaka Station City が完全開業だそうです。 1日前という妙なタイミングですが、時間が中途半端だったので、皆で散索してみました。

m2011050316410000.JPG m2011050316440000.JPG m2011050316470000.JPG m2011050316500000.JPG

大阪駅のプラットフォームを二つのビルで挟んで、 上空を橋で渡して、その上に改札その他駅舎を作ったという感じでしょうか。 南棟が3月26日、橋上駅舎が4月11日、そして北棟が5月4日開業だそうで。

m2011050316480000.JPG

JR貨物の梅田駅。関西圏以外の人には分かりにくいと思うが、「梅田」というのは JR大阪駅のある地名であり、同時に隣接する鉄道各社の駅(阪急・阪神・大阪市営地下鉄・JR貨物)の名称であったりする。ややこしいね! (そんな説明で大丈夫か?)

m2011050316520001.JPG m2011050316520002.JPG

夕方、皆が大好きな串屋へ。

m2011050317210000.JPG m2011050318460000.JPG

ここ、バイキング方式で、いろんな串とって、自分達のテーブルで揚げて食べるというシステムになっておりまして、3,000円足らずで腹いっぱいになります。
(アルコールが入ると、もう少し高くなるが、実は、この面々、誰も酒を嗜まないのだ!)

今日は連休中だけあって、17時に入ったのに、結構机が埋まってましたね。 早く行って正解だった。


大阪・滋賀・東京・いわきとバラバラになった4人ですが、また今度、盆に会います。 皆、達者でなー。

$ 人のフンドシで相撲を取る

夜中に生越さん(@ogochan)が Software Design の vim/Emacs 特集に異を唱えるツイートをされていて、 自分も賛同するところもあったので、トゥギャってみた。

そしたら:

ページビューが1万を越えたでござる

自分で文章を書いても当ページ1日のページビューがせいぜい2桁であることを考えると、文章力の無い人間は他人の書いたもんを編集した方がよっぽど効率がよいということになりますなぁ。 こりゃ、2ちゃんねる系まとめブログが流行るのも分かるわ!

でも、Togetterの編集というのも結構手間のかかる作業でして、 時系列にソートしても、会話が連続しないことが多いんですよね。 なので、時に発言位置を丁寧に移動させて、会話が見えるようにしなくちゃいけない。 しかも、Chrome だと Togetter がバグって、発言の移動がままならないことがあったりするという。それゆえ、Firefox 4 で実施するが、Firefox もまぁ相変わらずメモリ消費が激しいブラウザで、途中スワップが止まらなくてウダウダ…(以下省略)

two_2 いつも通過駅なので気にしてなかったのですが本日5/4はすごい人手でしたよー。 (2011/05/04 10:34:47)

two_2 「人手」じゃなくて「人出」でした。ごめんなさい。 (2011/05/04 10:36:39)

はやま やっぱり大混雑してましたか。今日もお仕事のようで、お疲れ様です。 (2011/05/04 11:35:42)

(2011.04.30) | (2011.05.06)

.net(3) C++(3) Cygwin(12) GAME(3) Groovy(1) Linux(2) Lua(39) Mercurial(13) NYAOS(92) OS/2(7) Oracle(3) Perl(4) Python(22) SKK(4) Windows8(1) album(68) ckw(10) coLinux(1) vim(6) wifky(27) 書評(21) (9)

zetamattaのたいじゅー